日払い 住み込み アルバイト日払い 住み込み アルバイト

暑さ対策即日住み込み可 TTプランテック 池袋営業所

category : スタッフブログ 2019.6.5

今日も蒸し暑かったですね(T_T)
そこでお金をあまりかけずに涼しくするコツを紹介します(*^_^*)

①保冷剤で首やわきの下を冷やして涼しくなる!
ケーキなどを買うとついてくる保冷剤を凍らせておき、タオルやハンカチで巻きます。それを、首の左右やわきの下に巻いておくと体が涼しく感じられます。というのも、首やわきの下には太い動脈が走っているので、この部分を冷やすと冷えた血液が全身に巡り、体温が低下するのです。

②風呂上がりに足を冷水につけて涼しくなる!
入浴後に足を水につけると、汗が引きます。
せっかくお風呂から上がっても、またすぐに汗をかいてしまったら、せっかくのサッパリした気分が台無しですよね。入浴後に汗を引かせるには、最後に足を冷水につけると効果的です。冷水によって一時的に皮膚表層の血液量が増えるので汗は出るのですが、結果的に汗の全体量を減らすことができます。

③体温を下げる食べ物で涼しくなる!
スイカやキュウリ、冬瓜など、ウリ科の野菜には体温を下げる効果があるという説があります。特に冬瓜は漢方薬に用いられるほど、利尿作用があると考えられており、むくみ取りや夏バテ対策にピッタリ。他にもトマトやなす、とうもろこしなどの夏野菜も同様です。旬のものをたくさんとることは理にかなっているのですね。
また、バナナ、パイナップル、メロンなど、南国産の果物も熱を下げる働きがあるという説があるので、夏は積極的にとりいれましょう。

④風通しをよくして涼しくなる!
無風のとき、扇風機を外に向けて回して対角の窓を開けると、部屋に風が入るようになります。窓が1つしかない部屋なら、ドアを開放しておくなどして、2カ所以上の開口部を確保するのがポイント。
また、風が入る窓が大きく、出るほうの窓が小さいと部屋の中を通る風にスピードが出て、涼しさが増します。窓を開ける幅を工夫するとよいでしょう。

Copyright(c) 2019 即日住み込み可 TTプランテック 池袋営業所 All Rights Reserved.